社長の想い

「親身になってくれてありがとう」がうれしくて

これまで家づくりをしてきて、多くの家主さんに同じ言葉をいただきました。

「親身になってくれてありがとう」

僕にとって、一番うれしい言葉です。

僕が大工への道を志したのは14歳の時、僕の親の家を建てに来てくれた大工さんが、とてもカッコよかったのです。腕は一流。そのくせ誰よりも腰が低くて「ありがとう」が口癖のような人でした。今でも僕は、その大工さんを目指しています。

僕が家づくりをさせていただく中で、力を入れたいと考えているのは『健やかに暮らせる家』であること。バイオ珪藻土やスーパーウォール工法、サウンドデザインシステムといった、お客様のライフスタイルに合った技術もしっかりと習得しています。

ただやはり、一番大切なのは、お客様と僕、またお客様のご家族どうしが、納得いくまできちんと話し合いをすること。家づくりが失敗する一番の原因は「急ぐこと」です。あなたの夢をまず話してくださいませんか。そこから現実とも相談し、ベストの家づくりを一緒に考えていきましょう。